2014年11月6日木曜日

月に一度の謀(はかりごと)

毎月飲んでいるフィラリアのお薬。
ナイルは小さいので、1錠の半分です。






















数ミリ程の小さな欠片ですが、それだけあげても飲んでくれません。
おやつでないことが、ちゃんと分かるんですね。

そこで、ナイルの大好きなボーロに穴をあけ、そこにお薬を仕込みます。
(ちょっと、リンゴみたいですが)























犬は、飲みこめるくらいの大きさまでしか食べ物を咀嚼しない
(人間のように、よく噛まない)と知って以来、この方法です。

この方法だと、お互いにストレスがありません。

Many dogs in Japan takes until-filariasis pills from spring to winter once a month.
It's a tiny tiny piece but I need to stick it into a biscuit for Nile, otherwise
he refuses to take it.


4 件のコメント:

  1. ナイルくんはボーロなんですね。
    ゴマもおやつに混ぜてパクリ!食いしん坊ゴマは調子がいいと薬のみでもいっちゃうときありますよ(^-^;

    返信削除
    返信
    1. ゴマさん:
      ゴマちゃん、薬のみでも飲みこめる時があるんですか、偉い!
      人間も、薬だと分かっていても、大きな錠剤だと辛いですよね。
      身体の為とはいえ、犬には薬なんて理解できないだろうし、
      もっと飲みやすい薬が開発されれば良いなと思います。

      削除
  2. ほんと、リンゴみたいに見えますね。
    我が家は、鶏肉に混ぜてあげています。
    身体の小さい子には、フィラリアの殺虫剤は、
    半分で十分ですね。

    返信削除
    返信
    1. けいこさん:
      鶏肉ですね!今度、うちも試してみます(^^)
      フィラリアの薬だけでなく、狂犬病や疫病の予防接種も体の大きさに合わせて、量を調整してくれれば良いのにと思うのですが、
      さすがにそこまではして貰えませんでした。

      削除