2016年8月26日金曜日

ナイルの理解度

犬の躾を説く指南書やブログでは、人間が出かける際はさりげなく、
静かに出ていくのが良いと書かれているものが多いような気がします。
























以前も記事にしましたが、うちの場合は、『お仕事行ってくるね』がお留守番の合図。

『お仕事行ってくるね』で、ナイルはクレートイン
    ⇓
飼い主は部屋の外へ
    ⇓
部屋の扉を閉めるタイミングで『OK』と言う
    ⇓
ナイルはクレートの外に出て、用意されたオヤツを食べられる

という感じです。


では、伝えずに出掛けた場合どうなるかと言えば、扉の前でずっと待っています。

声を掛けないで出かけてしまうと、姿は見えないけど、ドアの向こう側に
飼い主がいると思っているように感じます。

『お仕事行ってくるね』と声を掛けることによって、
暫くは飼い主が帰って来ない=扉の前にいる必要はない、
と理解しているのかなと思います。

仕事中、Webカメラで日中のナイル様子を見ると、殆どの時間をベッドで
横になって過ごしている模様。


ちなみに、飼い主が帰って来た際のナイルは、特に興奮するでもなく、
幾つかあるベッドのどれかに寝そべってこちらを見ています。
ちょっと寂しいような気もしますが、飼い主の行動にナイルの気持ちが
左右されないのであれば、それが一番良いのかなと思っています。



動画は、お出掛け前の声掛け時の様子。




0 件のコメント:

コメントを投稿